ふと振り返る、指圧の良さ

「〇秒で全身がユルユルに!」
「辛い腰痛が指一本で治る!」
触らなくても全身調整できる!」
「四十肩五十肩が一回の施術で!…
などなど、世の中には次から次へと新療法が出てくるもので…私もそういう謳い文句につい釣られていろいろ勉強しに行ったりしています。

どれもそれなりに、そこそこの効果はあったり、引き出しが増えたりはするのですが
”全身をユルユルにするには、患者さんの力が抜けていなければなりません”
という前提条件に…力を抜けるお客さまならそんなに苦労しません!とツッコミたくなったり。
今回、入院して全身が凝り、その後もリハビリと称して毎日歩き回って脚が疲れ、いろいろあって胃の裏から肩甲骨が凝り…
そういう時、一番やってほしいと思うのは、指圧だなぁ~
じっくり、ぐ~~っと圧してほしいなぁ… と、思いました。
指圧の良さもあるよね。
食べすぎや精神的なもので胃の裏が痛い時とか、じーっと押してるだけで柔らかくなって、楽になるものね。
年末年始の胃の不調にもイイ!
という訳で、指圧の良さをしみじみ感じたお話でした~(*UωU*)♪
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

お電話やインターネットでご予約いただくと確実です。
予約サイトから空き状況なども見られますので、ご確認いただければと思います。
https://2.onemorehand.jp/556core/

ココロノマンナカ
http://556.natury.com/

植木がひとりでに…!?

お休みのあいだ、たまに来て植木に水をあげていたのですが。

なぜか… 外の植木がいつ見ても濡れている…

おかしいな。雨降ってないのに…
まさか!うちのローズマリーちゃんたちは自己散水の技を覚えたのか!?

と、不思議に思っていました。

今日、カレー屋さん(ビサールさん)のお兄さんが「元気?なおった?」と様子を見に来てくれて「植木、水あげといた!」と!

うぉぉぉぉ~!ビサールのお兄さん感謝!
中の植木は、自動水やりの器具をつけてたけど、外のは土も多いし、まぁなんとかなるでしょう、とそのままだったのです。
まさか水をあげに来てくれていたとは…

下町人情に感動の一日になりました (*UωU*)

↑さらに後日、隣の理髪店の奥さまも植木に水をあげてくださっていたことが判明!
ほんとにみんないい人!感謝~!!

「ほぼ無限の寿命を持つ植物が存在する」というお話が面白いので( ..)φメモメモ

「ほぼ無限の寿命を持つ植物が存在する」
生物学者・池田清彦教授のお話が面白かったのでメモしておきます。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

「なぜ老化をするのか」という問は、そもそも問が間違っている

ごく乱暴に言えば、生物とは「自分の力で外部からエネルギーと物質を取り入れて代謝を行い、熱と老廃物を外部に捨てている伸縮可能な閉鎖空間システム」のこと。
構造主義生物学の用語ではこの空間を限定空間と呼び、限定空間が増大すること(成長)、分離すること(生殖)、崩壊すること(死)、システムのルールが変化すること(進化)が生物の特徴である。

多くの場合、一つの限定空間のシステムは徐々に不調になることが多く、これが老化であるが、生殖の結果作られた新しい限定空間のシステムをリニューアルするメカニズムがあれば、老化をしても限定空間の系列は存続し続ける

米国ユタ州、フィッシュレーク国有林にあるアメリカヤマナラシの森は一つの種子から発生して、巨大なクローンとして生き延びている一つの大きな生命体(限定空間)で、一つにつながった根と4万本以上の幹から成り、その年齢は8万年とのことである。パンドと呼ばれるこの植物は、我々の感覚で言えば、ほぼ無限の寿命を持つと言えそうだ。すなわちこのクローンは老化しないのだ。

老化をしないということは不死ということではなく、生息環境が悪くなれば、死を免れない

ある種の植物が老化しないメカニズムはほぼ分かっていて、動物の体細胞では細胞分裂ごとに短くなるテロメアが、植物の体細胞では短くならないことが最も大きな理由である。
細胞分裂の際に染色体の末端にあるテロメアという部位がほんの僅かずつ切れて短くなって、人間では約50回分裂するとテロメアがなくなって、細胞分裂ができなくなり、新陳代謝が不能になって組織は死んでしまう

切れたテロメアを延ばすにはテロメラーゼという酵素が必要だが、動物の体細胞ではテロメラーゼ活性がごく低いのに対し、植物細胞では非常に高く、細胞の分裂能力が衰えず、故に植物は老化しづらいのである。もちろん植物でも個々の細胞は老化してしばらくすると死んでいくが、幹細胞から分裂してできた新しい細胞系列はほぼ不死だと考えてよさそうだ。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

というもの。
自分の身体もある程度は意図・意識したとおりに動いてくれることを考えると、

「テロメアが短くならない」
「新陳代謝で若返っていく」

と意図しておけば、少なくともその方向には向かってくれるんじゃないか?
と、ちょっとウキウキしています♪

東大構内をお散歩♪

今日は家をちょっと早く出たので、東大構内をお散歩してきました♪
暑いけど、8月だからか人が少なく、木陰がたくさんで気持ち良い!
古い建物の装飾は、心を豊かにしてくれる気がして大好きです(*^-^*)
今は電車や駅も機能性と予算を重視して無機質なのが多いので、美術的な観点から「素敵っ!」と思えるような公共設備を増やしてくれたら、みんなもっと余裕のある気持ちになれるんじゃないかなーと思います。

死んでからで…

「今日喫茶店で「卑屈になるのは死んでからでよくない?」とギャルが話してて、完全にそのメンタルを分けて欲しかったな」

ていうツイート読んで、

「そっか!黒歴史に落ち込むのも不安も苛立ちも、全部死んでからにしとけばいいのか!」

と思った。

認知症のための画期的な村ホフヴェイ Hogewey

認知症のための画期的な村ホフヴェイ Hogewey
https://facebook.com/WeNeedThisbyattn/videos/242072259627980/
すごく素敵な街に見えるけど、これがなんと!介護施設なんですと!
綺麗な庭に、ゆったり歩く人々…スーパーマーケットに映画館、バーにクラブ活動用の施設などもある。
認知症でも、そこがどのような場なのかはっきり認識できるようにすると、その場に沿った振る舞いができるそうで、混乱も起きずに皆、生活できているみたい。
居住棟と活動用の施設が分けられているので、暮らしの中で自然に体を動かせるようになっている。
↓これはホフヴェイが日本語で説明されているページ。
https://www.mizuho-ir.co.jp/publication/contribution/2016/kokushinkyo1611-village_01.html
そういえば前にオーストラリアの老人ホームに行ったけど、レンガ造りの可愛らしい家が立ち並んで、綺麗にガーデニングが施され、緑に溢れててとっても素敵だった。
家の中は家族の写真など素敵に飾られて、私がこんな家に住めたらとっても幸せ!と思ったものだ。
ただちょっと郊外にあるため、家族とあまり会えないのが寂しいって言ってたけど…
日本にはそういう、住むのに魅力的な介護施設、あるのかな?人気出ると思うんだけど…

谷根千ぶらぶら…しようと思ったら暑すぎた件

水曜日は割とのんびりな日。
谷根千散歩してからお店をあけようかな、と根津神社の方へ

しかし…

暑い。

とっても…暑い。

とりあえずどこかのお店に入りたいと、同行してくれた家族が見つけたのが
「つむぐカフェ」

「パングラタンがグっときた。うまそう!」
手作りや素材にこだわっている、あたたかみのあるカフェっぽい。
数十分待てば開店時間になるからと根津神社を散歩し、
住宅街の中のちょっと狭い路地を入ってカフェへ

一番乗りだったのだけどいきなり予約か聞かれたので、かなり予約で埋まっているのかも…?

選んだのは、スペシャルランチ¥1300
メイン、前菜三点、オニオンスープ、ドリンク、ミニデザート

メインは看板メニューのパングラタン(3種あった)かパスタを選べたので、パングラタンに。
1つは月替わりのきのことかぼちゃとサーモンのパングラタン。
もう1つはブロッコリーとベーコンのベシャメルソース(ホワイトソース)

スペシャルランチだと、ドリンクもスペシャルなのが選べる!ので
キウイミントソーダとベリーヨーグルトにしてみた

←フレッシュミントが爽やかで美味しい!

そしてパングラタン2種↓

前菜はナスのラタトゥイユ風煮と、たけのこの胡麻ソース和えと豚肉のなんとかソース
しっかり作った家庭料理風な感じで、程よい味付け
私はお肉があまり食べられないので家族に食べてもらったのだけど、どれもほっこりする美味しさ(*^-^*)

そして最後に、あんずのシフォンケーキ登場♪
とろーっと緩く泡立てた生クリームが添えられているんですよね。
分かっていらっしゃる!
シフォンはしっかりめの硬さに仕上がっていて、あんずの甘酸っぱさが爽やか~
そして緩いクリームに真にマッチするんですな。あぁ幸せ…
幸せで写真撮るの忘れました (^-^ゞ

場所を変えてコーヒーで一服してく?などと考えていたけど、
歩くのも億劫なくらいお腹いっぱいになってしまって(笑)
谷根千ぶらぶらのはずが、つむぐカフェオンリーな散歩になりました!

今度は芋甚の甘味でお茶して、根津のたい焼きも食べてみたいなぁ…

←道中見かけたお家。住んでるの!?

趣味のはなし ~悟り、ワンネス、アセンション~

ブログをさぼっていたら、あっという間に暑い夏がやってきてしまいました。
ぽやぽやしていると、またすぐ年末になってしまいそうですね…(^-^ゞ

今日は私の趣味のお話を少し。

私はとことん面倒くさがり屋さんで、「もっと楽にできないかな?他のことに流用できるルールみたいな、本質みたいなものはないかな?」といつも思っていました(笑)

全てのことに通じる本質があって、それを掴めば全てを解決できるような何かがあるような気がしていて…

いろいろ知っていくうちに、それが、ある状態のことを指すことに気づきました。
それは、言葉で言い表せるものではなく、理解の状態
たぶん、「悟り」「ワンネス」を感じている状態
それを続けて、その理解が自分の中に沁みわたっていくと、全身の細胞がそれに呼応して波動を上げていって、「アセンション」次元上昇していけるようになるのかな?と。

で、合気道の開祖、植芝盛平先生の体験で、これだ!植芝先生も体験されてたんだなぁと思ったのでシェアします。
人類、目指すところはここだと思う…

 
『たしか大正14年の春だったと思う。私が一人で庭を散歩していると、突然天地が動揺して、大地から黄金の気がふきあがり、私の身体をつつむと共に、私自身も黄金体と化したような感じがした。それと同時に、心身共に軽くなり、小鳥のささやきの意味もわかり、この宇宙を創造された神の心が、はっきり理解できるようになった。

その瞬間、私は『武道の根源は、神の愛ー万有愛護の精神ーである』と悟り得て、法悦の涙がとめどなく頬を流れた。その時以来、私は、この地球全体が我が家、日月星辰はことごとく我がものと感じるようになり、眼前の地位や、名誉や財宝はもちろんのこと、強くなろうという執着も一切なくなった』

本郷の大型コインランドリー「ピエロ」がピカピカでおすすめ♪

←東大構内の寒桜が咲き誇っていました♪

今日は前歯のインプラントをしてきました。

その前にお店のカーテンをおっ洗っ濯~!
本郷三丁目のピエロという大型コインランドリーを使ってみたら、とっても綺麗で良かったです!
専属の方が絶えず掃除をし続けていらっしゃって(←とってもありがたいけど、なかなかできるサービスじゃないですよね!)、午前中だったけど半分くらい稼働していました。

洗剤が自動で入れられちゃうところや、おつりが出ないので間違えて入れると残念なことになってしまうので注意は必要だけど、大きなカーテンなども一度に何枚も洗えるのがありがたいですね~
という訳で、カーテンがスッキリしてHappyです♪

顔のハレがひどくなりませんように!!

紅茶にハマっています

お客様から紅茶をいただき、飲んだところ、美味しいのなんの!
やっぱり有名どころの高級紅茶なだけはありますね~

いただいたのは、フォートナム&メイソンのロイヤルブレンドなんだけど、本当に香りが良くて、味もベストなバランスで、じんわり沁みるような穏やかな気持ちになる紅茶でした。(写真右の四角い缶)

で、紅茶に目覚めた私は、他のもいろいろ試してみました♪
ノーベル賞晩餐会で飲まれる紅茶とかもジャケ買いしちゃったんだけど、香りがちょっときついかな…

そして気に入ったのがマリアージュフレール!
特に、アールグレイ・フレンチブルーが素敵♪
華やかで気持ちが明るくなるような、でもうるさくない香り
お味は上質感があふれて、でもほっとする味わい。
家に常備しておくなら、これだな!本当に美味しい~(*^-^*)

セイロンは今まで、若干プーアル茶感のある、独特な香りがセイロンだと思っていたけど…マリアージュのセイロン・ラトナピュラは紅茶感が勝っていて、豊かな香り!
甘いものと合わせる時などは、この渋みがウマい。そして何より、水出しにすると、セイロンの美点が生きてくる。水出しセイロン最高!

マルコポーロは香りがちょっと強いかな?と思いつつも、飲んでみるといい味で、適度な渋みに中和されしっくりくるようにまとめられている。人気があるのも頷ける。

で、今飲み始めたのが、アールグレイ・インペリアル。
同じアールグレイでも、フレンチブルーとはだいぶ違う。
落ち着いた、いい意味で枯れたような(笑)香りと味がほっとする…
じわじわとクセになる感じ。これはこれでウマい。

あと、ボレロとエロスが出番を待ち構えているんだけど、どっちも人気があるみたいだから楽しみ~(*^-^*)