筋肉痛のときマッサージの時間は長めがいいですか短めがいいですか?自然に治るのを待ったほうがいいですか?

Q. 筋肉痛のときマッサージの時間は長めがいいですか短めがいいですか?
それとも自然に治るのを待ったほうがいいですか?

A. いつもと同じか、少し長めに時間をとっていただくといいと思います。

筋肉痛の時は優しく触らないと筋肉が緊張して、余計に硬くなってしまうので、じっくり緩めていきます。

また筋肉痛のときは筋肉がこわばって、他のところまで緊張してきて凝ってしまうので、早めにストレッチで伸ばしてあげてくださいね。
それでも残ってしまうものはマッサージや整体でほぐすと、回復が早くなります。

運動しないから凝るんですか?~自律神経を整えて筋肉の緊張をとるために~

Q.運動しないから凝るんでしょうか?運動すれば凝らなくなりますか?

A.運動していても凝ります!
ジョギングが日課の方も、ヨガが趣味の方も、水泳で何キロも泳ぐ方も、「なんで凝るの?」と言いながら受けにいらっしゃいます(^-^ゞ
ですので、「運動」を無理にする必要はないと思っています。

ただ、「動く」のは大事です!!
こまめに動く。
座り続けない。
こういう些細なことの積み重ねで、重病を見事にコントロールされている方もいらっしゃいます。

「動く」ことは、筋肉の緊張を取り除いてくれて、自律神経のコントロール、つまり、ストレスのコントロールにもつながるのです!

精神的ストレスを感じると、筋肉が緊張します。
この緊張は本来、体を動かすことで解除されます。

が。動かない生活をしている人は、そのリセットができないまま、重く疲れが抜けにくい身体のままでいることになります。
それを続けるので身体の柔軟性が失われていき、よけいに動きたくなくなり、ストレスをため込むという悪循環…
(^-^;;

精神的ストレスで上がってしまった心拍を平常に戻し、本来のしなやかさや機能を維持するのに、「動く」というのは必要なことなのだと思います。

がんばって運動する!というのではなく、
こまめに動く。
座り続けない。
ながらストレッチ/ながら運動
で、らく~に健康を維持しましょう!

ながら運動例:
歯を磨きながらふくらはぎを伸ばす・もも上げする
開脚して洗濯物をたたむ(←キキます!(笑))
動画を見ながら腰を回す・上体をぶらんぶらん回す…

おすすめのながら運動、あったら教えてくださーい(^-^)/

p.s.
もう疲れた!自分で動きたくない!という方はココロノマンナカへ♪
エンジンがかかったら、動けるようになりますよ(^-^)b
バレエダンサー

マッサージ整体の翌日、体温が高かったのですが大丈夫ですか?これは揉み返しですか?

Q.マッサージのあと、翌日などに、身体がぽっぽっと熱くなるというか、体温が高い感じだったのですが、大丈夫ですか?これは揉み返しですか?

A.凝ったり張ったりしているときは、その周辺が血行不良になっていますので、それがほぐれて急に血の巡りが良くなってしまい、熱いような感じがしたのだと思います。
また、好転反応といって、不調なところが改善されるときに、だるくなったり熱が出たりということもありますので、その可能性もあります。

揉み返しは筋肉が痛む感じがするので、それとは違うと思います。
熱感があるだけで、特に熱が出て辛かったり、筋肉が痛んで辛かったりということでなければ…そして今回のようにすぐ収まったということであれば、血流がよくなったか好転反応ということで、心配なさらなくても大丈夫だと思います^^

IMG_0251

ほぐれやすい人の共通点

Q.こんな人はほぐれやすいとか、こんな人はなかなかコリがとれない、みたいな傾向はありますか?

 

A.ありますね!

私が見てきた中で、ほぐれやすい人の共通点は、

 

1.力を抜くことができる

2.コミュニケーションを気持ちよくとろうとしてくれる

3.落ち着いている

4.おまかせしてくれる

5.楽しむことができる

 

1.力を抜くことができる

はい、力を抜いてくださいね~(ゆらゆらゆら)…とやって、「あ、すっごい力入ってましたね!」と気付く方はいいのですが、気付かない方は緩みづらい傾向があります。その日は緩んでも凝ってくるのが早かったり(^-^;

のほほーんと、なかなかできない方でしょうか。

1日の中で、気持ちだけでも「のほほーん」の時間をとっていただき、

そのときに腕をうしろに組んで上を見上げる動作を数秒、していただくと、胸も開いて、頭の位置もリセットされていいと思います^^

そして自分の身体の状態(あ、いま首に力入ってたなーとか)が分かるようになるといいですね!

 

2.コミュニケーションを気持ちよくとろうとしてくれる

相性もあると思うのですが、「いい天気ですねー」「ほんとですねー」くらいの、社会的によくあるコミュニケーション程度でもとってくださる方は、それなりに緩んでくれます。
「力量をみてやろう!」という感じだったり最初から壁を作っている感じの方は、ほぐれるまでに相当時間がかかります。

 

3.落ち着いている
そわそわ、そわそわ、絶えずどこかが気になって動かしていらっしゃる方は、緩みづらいです。ほんとに。
こちらも気になって「足首が痛いですか?」「体勢はお辛くないですか?」などお聞きしますが、大丈夫と。
まず、「何があっても大丈夫!」くらいにどっしり構えて、心の落ち着きを取り戻していただくと、身体も振り回されずに本来の状態を取り戻せると思います。
なかなかご本人には言いづらいことなので、あ、自分かも?と思った方!
はい、呼吸をおおーきくゆっくーりしてーーー!
「何があっても大丈夫!」
このスタンスで毎日をお過ごしくださいね♪

 

4.おまかせしてくれる

5.楽しむことができる
これらは、おおらかさや心のゆとりでしょうか?
身体が辛いときは、心もそれに引きずられたり、かかりっきりになってしまったり、わかってよ!どうにかしてよ!と他に当たりたくなったり(笑)
しやすくなるかもしれませんが、冷静に問題解決しながらも、ユーモア心や平常心を忘れずにいる方のほうが、緩みやすい、治りがよい感じがします。

どこか、思いあたるところはありましたか?

 

のほほーんと、力を抜いて、
気楽にコミュニケーションをとり、
落ち着いて、深呼吸して、
ユーモア心や平常心(フローマインド)をもち続ける

 

このへんが、効果の出やすくなるコツ、ということで、日ごろから意識してみてくださいね!!

ゴルフの前と後、マッサージはどっちがいい?

ゴルフの前と後、マッサージに行くならどっちがいいんでしょう?

ゴルフ

私は、前は軽く、後にしっかりほぐすのがいいかな、と思っていました。

 

そして、ゴルフ歴の長ーいお客さまが先生から聞いたところ、大会などの直前はあまりほぐしてしまわないほうが良いそうです(@@)!

 

ある程度体が固まっていないと、うまく打てないとか。

 

なので、どちらか選ぶなら、ゴルフの後に整体やマッサージに行くのが良いみたいですね^^

 

私も勉強になりました!